SSHとは?超簡単に解説してみた

今回は「SSHとは一体何?」という部分について超簡単に解説します。

 

SSHとは?

SSHとは、ネットワークを経由して他のコンピュータ(サーバ)に接続し、遠隔操作するための仕組みです。通信途中の情報は全部暗号化されるので安全に通信を行うことができます。

遠隔操作と聞くと印象悪いですが、そんなことはしません。

そもそもSSHで接続するにはサーバーのアカウント名やパスワードが必要になるので、全く知らない第三者のサーバーに勝手に侵入して内部をいじくるということはできないのです。

 

SSHを使えば自分のパソコンから外部のサーバーに接続し、ファイルを更新・修正などをすることができます。

例えばWeb制作の現場では、完成したファイルを納品するために、クライアントのサーバーにSSHで接続し、ファイルをアップロードするといったように使います。

 

telnetとの違いは?

SSHとよく似た仕組みとしてtelnetというものがあります。

SSHとtelnetの違いは、通信が暗号化されているかされていないかの違いです。SSHは通信が暗号化されていますが、telnetは暗号化されていません。

そのため、普通はSSHを使った方がより安全に通信ができるので、使うのはもっぱらSSHになります。

 

まとめ

SSHを使うと通信を暗号化して他のサーバーに入ることができます。

使えるようになっておくと毎回サーバーのコントロールパネルに入らなくてもファイルの更新・編集・アップロードなどができるようになるので、便利になります。

使えるようになると面白いので、ぜひSSHを使えるようにしてみてください。