ページ全体のスクリーンショットをChrome拡張機能なしで撮影する方法

Webページ全体のスクリーンショットは普通では撮影することができないですが、Google Chromeだけなら拡張機能もなしでページ全体を撮影できる方法があります。

Google Chromeでしかできない方法なので、残念ながらSafariやFirefoxではできません。

 

Google Chromeで拡張機能なしでページ全体を撮影する方法

まずはデベロッパーツールを開きます。

Windowsなら「F12」、Macなら「command + option + i」で開くことができます。

デベロッパーツールが表示されたら、ツールないの画面左上の2番目のアイコン(toggle device toolbar)をクリックします。すると画面が小さくなって表示されたりすると思います。

 

次にtoggle device toolbarをクリックした際に表示された、画面右上の三点リーダーをクリックします。

すると色々メニューが出てくるので、その中の「Capture full size screenshot」をクリックします。

ページ全体のスクリーンショットの撮影が始まり、少しするとスクショが保存されます。

ダウンロードできる状態で保存されているはずなので、引っ張り出して来ましょう。

 

保存したものを確認すると、きちんとページ全体が一枚のスクリーンショットとして撮影できていると思います。

 

まとめ

やること自体もそこまで難しいところはないです。

多少英語が出てくるので少し嫌と思う人もいるかもしれませんが、とても簡単に全体がスクリーンショットに保存できるので、ぜひ試してみてください。

拡張機能を使う必要がないというのも大きなポイントですね。