jpg画像を圧縮すると画像がぼやける理由|オススメの圧縮ツールも紹介

今回はjpg画像を圧縮すると画像がぼやける理由(jpg画像圧縮の仕組み)について紹介します。

jpgに限らず画像を圧縮すると見た目は出来るだけ綺麗なまま画像サイズを下げることができます。

 

jpgとは?

jpgとは数ある画像の保存形式のうちの1つです。

拡張子は「.jpg」で、多くのOS、デバイス、画像編集アプリなどがサポートしている定番の画像形式となっています。

jpgは人物画や背景画像などの、色の境界線が滑らかな画像を綺麗に保存するのが得意です。肉眼では全くわかりませんが、px単位でソフトを使ってみてみると色の境界線がグラデーションのように滑らかに変化しています。

また、「.jpeg」という似たような保存形式もありますが、これは「.jpg」とほとんど変わりません。どちらにするか悩んだらより一般的な「.jpg」にしておけば大丈夫です。

 

jpg画像を圧縮する仕組みについて

jpg画像は圧縮する際、画像サイズを下げるためにデータの一部を捨てています。

とは言ってもぱっと見ではほとんど変化はありません。肉眼でみてもほとんどわからないレベルでデータの一部を捨てることで、効率よく画像サイズを減らしています。

ただし、圧縮しすぎると少し画像が荒くなってしまうので、この辺りは画像サイズと見た目の綺麗さを考慮しながら最適な圧縮率を探すといいでしょう。

 

また、圧縮率と見た目の綺麗さの関係ですが、圧縮率が低いと画像サイズが全然減らないわけではありません。

画像の綺麗さと圧縮率は直線ではなく、二次曲線的な関係になっています。

つまり、圧縮率が低くても画像サイズはかなり落とせる、かつ見た目もかなり綺麗という状態にすることができます。

逆に圧縮率を上げれば上げるほど減らせる画像サイズはどんどん少なくなっていきます。

 

jpg画像は非可逆圧縮

jpg画像は圧縮されるときにデータを捨てていると説明しました。

このように圧縮の際にデータを失う圧縮方法を「非可逆圧縮」と呼びます。一度非可逆圧縮された画像はデータを捨てる前の画像に戻すことができません。

 

また、.pngという画像ほ保存形式は「可逆圧縮」が可能です。つまり一度圧縮しても元の状態に戻すことができます。

ただし、png画像も「減色」という方法で近似色を捨てる処理を行うこともあります。この場合、元の状態に戻すことはできません。

 

jpgは圧縮すべきなのはどのような画像?

jpg画像は人物画や背景画像など、色の境界線が滑らかな画像を保存するのが得意です。

そのため、これらの画像はjpgで保存、圧縮する場合はそのまま圧縮という形がベストでしょう。

逆にイラストやロゴなど、輪郭がはっきりしている画像に関してはpng画像の方が好ましいです。こういった画像はpngの得意分野なので、このまま圧縮してしまうのがいいでしょう。ちなみにスクリーンショットもpngが得意としています。

輪郭がはっきりしている画像をjpgで保存して圧縮してしまうと、色の境界線がぼやけてしまい、画像全体がぼんやりとした印象になってしまうので注意しましょう。

 

画像はどうやって圧縮すればいい?

jpgやpngといった画像は圧縮ツールやソフトを使って圧縮します。

無料でダウンロードできるソフトやオンライン上で使えるサイトもあるので、気に入ったものを使いましょう。

今回はオススメのオンライン画像圧縮ツールを紹介していきます。

 

Compress JPEG

http://compressjpeg.com/ja/

名前の通りjpg画像を圧縮できるオンラインツールです。

このサイトでは実際に画質をプレビューしながら圧縮率を調整することができます。

画像の綺麗さと圧縮率を実際に確かめながら圧縮率を調整することができるのはかなり嬉しいですね。

 

I Love IMG

https://www.iloveimg.com/ja

こちらは無料で15ファイルまで、サインアップすれば30ファイルまで一度にjpg画像を圧縮することができます(サインアップは無料)。

一気に圧縮したい場合に便利ですが、画質の調整ができないのがちょっと残念。

 

Toolur

http://compressimage.toolur.com/

こちらは25ファイルまで同時に圧縮することができ、1ファイル30MBまで対応可能というスグレモノです。機能的にはかなり強いですね。

また、このサイトには他にも色々なツールが公開されているので、探してみると面白いかもしれません。

 

TinyJPG

https://tinyjpg.com/

パンダが目印のjpg画像を圧縮できるサイトです。

このサイトはpngからjpgに圧縮することができるのが最大の特徴ですね。

無料では1度に20ファイルまで、1ファイル5MB以内という条件で圧縮できますが、月$25の有料プランにすれば1ファイル25MBまでに上限アップ、いくらでも同時に圧縮できるようになります。

ちなみに月$25はクソ高いです。有料はオススメしません。

 

まとめ

今回の記事をざっくりまとめるとこんな感じです。

  • jpg:人物画や背景画像を保存・圧縮するのが得意
  • png:イラスト、ロゴ、スクショなどを保存・圧縮するのが得意
  • 圧縮率は低くても画像サイズ自体はかなり減らすことができる。逆に圧縮率を高くしすぎても思ったほど画像サイズは減らない

 

画像によって保存形式を変更するといい感じですね。

圧縮率は自分好みで最適なものを見つければokです。