DNSBLとは?導入のメリット・デメリットを解説

今回は「DNSBLとは一体何なのか?」という部分から、導入するメリット・デメリットまで紹介します。

 

DNSBLとは?

簡単にいうと「ブラックリスト」のことです。スパム元のIPアドレスやドメインを一覧にして、ソフトが扱いやすい形式にしたインターネット上のサービスです。

メールの宛先になっているサーバーはDNSBLに問い合わせをして、送信元のIPアドレスやドメインがDNSBLに載っているか確認できます。

もし載っていた場合は(宛先サーバーの設定にもよりますが)メールを拒否したり、スパムフォルダに自動で入れたりします。載っていないならそのままメールを受け取ります。

DNSBLにも種類がいくつかありますが、特に有名なのは「SPAMHAUS」で、これに掲載されてしまうとあらゆる宛先からメールの受診を拒否されてしまうほど強力なDNSBLとなっています。

 

ブラックリストに掲載されてしまう条件

どんな悪行をしたらブラックリストに掲載されてしまうのか。

条件はいくつかありますが、中でもスパムメールをあぶり出すためのメールアドレス「スパムトラップ」にメールを送り続けてしまうとブラックリストに掲載されてしまうようです。

スパムトラップには使われなくなったメールアドレスを罠として残しておき、そこにメールが送られてくるかを確認することでスパマーをあぶり出す役割をしています。

 

DNSBLを導入するメリット・デメリット

メリット

DNSBLを導入するメリットとして一番大きいのが、迷惑メールを拒否できる点です(そのまんまですね)

迷惑メールまで毎回受け取っていると大事なメールが埋もれたり、毎回必要な情報に焦点を絞りづらくって文字通り迷惑です。

かといって毎回手動で迷惑メールボックスに入れるのも面倒だし、そんなのにいちいち手間をかけるのは時間の無駄です。

 

DNSBLを導入することで迷惑メールを受信拒否にしておけば、無駄なメールを受け取らずにすみますね。

 

デメリット

DNSBLを導入するデメリットとして、普通のメールを受信できない可能性がある点が挙げられます。

普通のメールなのに間違えて迷惑メールと判定されてしまうと、勝手に受信拒否になって宛先にメールが届きません。

普通のメールとはいえ、中には重要なメールもある可能性もあるので、それが届かないとなると後々問題になる可能性があります。

 

また、共有ホスティングサーバーを使用している場合は、ある1ユーザーがspam配信によってブラックリストに登録されてしまったことにより、そのサーバーに同居する全ユーザーに悪影響を与えてしまう可能性もあります。さらに、動的IPアドレスにも対応が難しい一面もあります。