メールサーバーを使ったメールの一連の流れを解説|MUA、MTA、MDAなど

今回はメールサーバーを使ったメールの送受信がどのように行われているか、その流れを解説します。

MUA、MTA、MDAといった小難しい単語が出てくるので、それも一緒に解説します。

 

MUAとは?

MUA(Mail User Agent)とは、ユーザーがメールメッセージを作成、編集したり送受信するプログラムのことです。パソコンの中に元から備わっています。

他にもアドレス帳など様々な機能がありますが、これらの機能全てをひっくるめてMUAと言います。

また、メールソフトという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、MUAはメールソフトと全く同じです。

メールソフトもメールを作成、編集したり送受信する機能があります。

MUA=メールソフトです。

 

MUAは次に出てくるMSAにメールを渡します。

 

MSAとは?

MSA(Mail Submission Agent)とは、MUAが作ったメールを受け取り、足りない情報を補足したり加工したりするのが仕事です。

MUAが作ったメールをさらに綺麗にメールっぽくする段階ですね。

 

MSAによってよりメールらしくなったメールは次のMTAに送られます。

 

MTAとは?

MTA(Mail Transfer Agent)とは、MSAによって届けられたメールを仕分けるプログラムです。

どのメールを誰に送るかを決めたりする処理をしています。

例えばこのメールはAさんに、このメールはBさんに届けるというように宛先によってメールを分ける処理はMTAの仕事ですね。

 

MTAで分けられたメールは、次にMDAに送られます。

 

MDAとは?

MDA(Mail Delivery Agent)とは、指定された宛先に実際にメールを送るプログラムです。

MTAによって宛先はわかっているので、あとはこれをMDAが送るだけです。

なお、MTAとMDAはどちらの役割もMTAが担っている場合もあり、もしかしたら明確な区別はないのかもしれません。

 

SMTPとは?

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)とは、MUA(メール編集係)とMTA(仕分け係)が通信をするときに使われるプロトコル(約束事)です。

通信にはプロトコルが必要で、MUAとMTAが通信する際にはこのSMTPという約束に基づいて通信しているわけです。

MUAが渡してきたメールはSMTPサーバーに一度集められ、MTA(仕分け係)やMDA(送信係)によって処理されます。MTAとMDAはSMTPサーバー内にあります。

 

メールスプールとは?

メールスプール(Mail Spool)とは、MDA(送信係)によって送られてきたメールを一時的に保存しておくための箱みたいな場所です。

いきなり宛先に送るのではなく、メールスプールに一旦メールを置いといて、ユーザーがメールを取り出すときになったらMUA(メール編集係)がそのメールを取りに行きます。

ユーザーがメールにアクセスするとメールがダウンロードされるのですが、それまで預かっておくのがメールスプールの仕事です。

 

POPとは?

POP(Post Office Protocol)とは、メールを受け取る際にMUA(メール編集係)を使ってメールスプールからメールを取り出すという機能を提供するのが仕事です。

メールを受け取ったユーザーはPOPを使ってメールスプールのあるホストにアクセスし、メールをダウンロードすることができます。ダウンロードしたメールはメールスプールから削除されます。

 

ここまでがメールサーバーでのやりとりの一連の流れです。専門用語が多すぎてうんざりしますね…

もうお腹いっぱいかもしれませんが、もう一つだけ紹介します。IMAPというものです。

 

IMAPとは?

IMAP(Internet Message Access Protocol)とは、メールをサーバー上に置いたままで保管することができるサーバーです。

POPが端末にメールをダウンロードしてくるのに対し、IMAPはメールをサーバーに置いたままの状態にすることができます。

これにより、パソコン、スマホ、タブレットなど異なる端末でも同じメールに簡単にアクセスすることができるようになります。サーバーにさえアクセスできればどんな端末でも同じ内容のメールが見られるということですね。

また、IMAPではサーバー上にメールフォルダを作成するなどのメールを管理する機能も提供しています。

 

まとめ

  1. MUA(メール編集係)がメールを編集し、MSAに投げる
  2. MSAがメールをよりそれっぽく整形し、MTAに投げる
  3. MSAとMTAをつなぐためにSMTPで通信する
  4. MTAはメールを宛先ごとに振り分ける
  5. 振り分けられたメールをMDAが宛先に送る
  6. MDAから送られたメールはメールスプールが一時的に預かっておく
  7. メールスプールに置いてあるメールをPOPがMUAを使って取り出す

という流れだと思います(多分)

もしかしたら間違ってるかも…その時はごめんm(__)m