さくらサーバーでPython3.5をインストールして環境構築する方法

今回はさくらサーバーでPython3.5をインストールして環境構築までする方法を紹介します。

さくらサーバーにはデフォルトで2.x系がインストールされているのですが、3.x系のPythonを使用したい場合にはインストールし直す必要があります。今回は3.5をインストールします。

 

sshでサーバーに接続

ターミナルからsshでサーバーに接続します。

FTPアカウントとFTPサーバー名は事前に確認しておいてください。

$ ssh FTPアカウント@FTPサーバ名
password: サーバパスワードを入力

 

Python3.5をインストール

接続ができたらPython3.5をインストールしていきます。

最初にPythonを動かしたいディレクトリを作成しましょう。

% cd /home/ドメイン名/www/
% mkdir python
% cd python

 

ディレクトリを作成したらPythonをインストールします。

% wget --no-check-certificate
% tar zxvf ./Python-3.5.0.tgz
% cd ./Python-3.5.0
% ./configure --prefix=$HOME/local/python
% make
% make install

 

次に.cshrcファイルを修正します。

% vi ~/.cshrc

#以下の記述を追加
-----
set path = ($path $HOME/local/python/bin)
setenv PYTHON $HOME/local/python/lib
-----

% source ~/.cshrc
% rehash

 

これで一通り完了です。

念の為きちんとPythonがインストールされているか確認しておきましょう。

% python3 -V
Python 3.5.0

 

こんな感じで表示されてばokですね。

このファイルの中だとPython3.x系のコマンドを使用することができます。