functions.phpからカスタム投稿タイプを有効にする方法

今回はWordPressでプラグインを使用せずに、functions.phpにコードを記述することでカスタム投稿タイプを有効にする方法を紹介します。

 

カスタム投稿タイプとは

まずはカスタム投稿タイプについて簡単に説明します。

カスタム投稿タイプとは、「投稿」「固定ページ」の他に独自の投稿タイプを追加することができる仕組みです。

通常の投稿ページとは異なった内容や項目を取り入れたい場合や、ある程度項目が決まりきったページの更新作業をラクにするために使用することが多いです。

 

カスタム投稿タイプを追加する方法

以下のコードをfunctions.phpにコピペするだけです。項目は自分の好きなように変更して構いません。

add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
register_post_type( 'news',
array(
'labels' => array(
'name' => __( '更新情報' ),
'singular_name' => __( '更新情報' )
),
'public' => true,
'menu_position' =>5,
)
);
}

 

少しわかりにくいかもしれないので解説します。

register_post_type( 'news',

この’news’の部分は投稿タイプのスラッグです。わかりやすい名前で半角英数で決めるといいでしょう。

 

'name' => __( '更新情報' ),
'singular_name' => __( '更新情報' )

‘name’、’singular_name’共に管理画面に表示されるメニュー名になります。

こちらは日本語でも構いません。どちらにも同じ名前を入れておけばいいでしょう。

 

'menu_position' =>5,

この位置は管理画面での表示位置になります。数字を大きくすると下に表示されるようになります。

管理画面を見ながら自分が把握しやすい場所にしておくといいでしょう。

 

まとめ

カスタム投稿タイプはfunctions.phpにコードをコピペするだけでも作ることができます。

カスタム投稿タイプに関しては他にもカテゴリーやタグなど、細かく設定することも可能です。

ただメンテナンス面で見るとあまりいいとは言い切れません。

より簡単にメンテナンスできるようにしたいならCustom Post  Type UIなどのプラグインを使うことをオススメします。