WordPressのURL「/wp」を非表示にする方法

WordPressをインストールした時にトップページのURLの末尾に「/wp」とついてしまったけど、どうやったら消せるのかわからない。

そういった場合の対処法を紹介します。FTPソフトを使うので事前に使い方は一通り理解しておいてください。

WordPressの中のファイルをいじるので、事前にバックアップは必ず取っておきましょう。また、自己責任でおこなってください。

 

サイトアドレスを変更する

ダッシュボード→設定→一般と進み、サイトアドレス(URL)の末尾についている「/wp」の部分だけを削除してください。「/」は削除しなくてもどちらでも構いません。

また、WordPressアドレス(URL)は絶対に変更しないでください。サイトアドレス(URL)の末尾の「/wp」だけを削除します

終わったら変更を保存をクリックします。

 

FTPソフトでファイルを移動する

サイトアドレス(URL)を変更したらFTPソフトを起動して、「ドメイン名/public_html/wp」と移動し、「/wp」フォルダ内にある以下の2つのファイルをダウンロードします。

  1. index.php
  2. .htaccess

 

キーボードのcontrolキーを押しながらクリックすると同時に複数選択ができます。

ダウンロード先はデスクトップにしておくとわかりやすくていいでしょう。

 

index.phpを編集

index.phpの最後の行は以下のようになっていると思います。

require(dir_name(__FILE__) . '/wp-blog_header.php');

 

これを以下のように編集します。シングルクォーテーションの前に「/wp」を追加します。

require(dir_name(__FILE__) . '/wp/wp-blog_header.php');

 

変更したファイルをアップロード

変更したindex.phpと.htaccess(編集なし)を「/wp」の一つ上の階層のフォルダにアップロードします。エックスサーバーならpublic_htmlになっていると思います。

public_htmlに最初からindex.phpがある場合は、元からあったindex.phpの方は削除して編集したindex.phpに置き換えてしまってください。

.htaccessは特に編集はしていないですが、そのままアップロードします。

 

サイトにアクセスしてみる

URLを「/wp」を削除した状態で入力してトップページにアクセスできたら成功です。

下層ページでも「/wp」が消えていると思います。スッキリしていい感じですね。

もし失敗していたらバックアップを使って元の状態に戻しましょう。

 

まとめ

WordPressの「/wp」を削除する方法でした。

内部ファイルをいじるので少し怖いですが、バックアップを取っておけば何回でもやり直せます。

URLもスッキリして見栄えがいいので、気になる人はやってみましょう。